1. ホーム
  2. 日本人ドライバーのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂

2015年02月10日

大聖堂外観

 

大聖堂内部

 

ザウアー。オルガン

 

円天井

 

ベルリンの眺め

 

ブランデンブルク門から旧東ベルリンの大通りウンターデン・リンデンを通って行くと、ひときわ多くくそびえる建物が、ベルリン大聖堂です。

この教会は、1905年に完成されたのですが、ローマのサン・ペトロ寺院をしのくような大きな建物にしたい、というドイツ皇帝の野心のもとに建てられたと言われ、ネオルネッサンス、ネオバロック様式で飾られています。

この中には、ドイツ帝国の初代皇帝であったウィルヘルム1世などが葬られ、ホーエンツォレルン家の教会でもあります。

第2次世界大戦で壊滅に破壊され、旧東ドイツ時代は、建物の外側だけが残されていたのですが、といつ統一後の1993年に完全に再建されました。

中に設置された7269本のパイプ、113個のストップが置かれているパイプオルガンはサウアーオルガンと呼ばれ、当時ではドイツ最大を誇りました。

270段の階段を上ると、ちょうど丸天井のすその部分に出ることができ、ベルリンの町を一望できるようになっています。

ペルガモン博物館に行く前に時間があったので、ここに立ち寄ることにしました。

 

<< 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ページの先頭へ

表示:スマートフォンPC