1. ホーム
  2. 日本人ドライバーのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

コンピエーニュ

コンピエーニュ

2015年01月31日

コンピエーニュの中心地

 

森の案内板

 

調印場所(奥は博物館)

 

客車が置かれていた場所

 

ルノーの戦車

 

フランス北東部の人口4万人ほどのコンピエーニュという町は、日本人観光客もほとんど訪れことはないでしょう。

私自身も、個人旅行のお客様をパリでお迎えするためにドイツから寄り道をした場所なのです。

1430年、コンピエーニュ攻防戦でジャンヌ・ダルクが捕らわれた町、ということは私も知りませんでした。

この町に立ち寄ったのは、1918年11月11日にドイツ軍がフランスに対して休戦に署名した場所であると同時に、フランスに快進撃を続けてフランスから降伏をもぎ取ったヒトラードイツが、第一次大戦の休戦の署名をしたその客車の中で、フランスに降伏の調印をさせた、という歴史的な場所である、という理由です。

調印が行われたのは森の中に置かれた客車の中ですが、その場所には記念碑が置かれ、博物館の中には車両が保管されています。

ただ、この車両はレプリカだそうで、オリジナルはドイツ軍によって破壊されました。

博物館内の車両が写真撮影禁止なのが惜しまれます。


 

アルデンヌ地方

アルデンヌ地方

2015年01月07日

バストーニュのマルクト広場に展示された戦車

 

博物館に展示されたドイツ軍戦車

 

ディーキルヒに展示された米軍戦車

 

ドイツ軍兵士

 

連合軍弾薬

 


ドイツ個人旅行でのお客様をトリーアにご案内したのですが、丸一日空いたので、ルクセンブルク北部、ベルギーにまたがる森林地帯、アルデンヌ地方に足を伸ばしてみました。

ここは、第二次世界大戦末期の1944年12月に、ドイツ軍が最後の望みをかけて大攻勢をかけ、連合軍は大混乱となるのですが、結局はドイツ軍は燃料と弾薬不足で敗退し、逆に連合軍の進撃に拍車をかけることになりました。
 
この地方の激戦地、バストーニュとディーキルヒの戦争博物館に寄ってみました。

 

<< 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ページの先頭へ

表示:スマートフォンPC