1. ホーム
  2. 日本人ドライバーのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 6

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 6

2016年06月23日

 

こどもが学校に行く風景



 

子どもたちが遊んでいる風景



 

バラック内部



 

女性収容所内の16aバラック内部の壁に壁画が描かれていました。

これは、特別に家族で収容を許された人たちが、子どもたちのために、「できるだけ日常生活の雰囲気を出してやろう」という気持ちで、親衛隊の許可を得て描かれたものと聞いています。

学校に行く子供の風景、子どもたちが遊ぶ風景など、両親たちの気持ちがよく現れています。


+++++++

より詳しいお話をご希望の方は、 Facebook:https://www.facebook.com/junichi.fujishima.5
あるいは、
ブログ:「ドイツ個人旅行のエキスパート藤島の旅がらす日記」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/j_fujishima/



 

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 5

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 5

2016年06月22日

プラットホームに置かれた収容者たちの荷物

 

カナダ跡地

 

死のブロック

 

死のブロック内部

 

メンゲレ博士に人体実験された子どもたちのバラック跡

 

到着した人たちの荷物は、そのままプラットホームに残され、「カナダ」と呼ばれる倉庫で収容者達によって細かく仕分けされ、まとめてドイツ国内に運ばれました。

資源豊かな国であるカナダから名前が取られたと言われています。

また、ガス死した人たちの金歯などは、ゾンダーコマンドによって抜かれ、溶かされて延べ棒の形で帝国銀行に送られました。

収容者で「もはや死を待つしかない」と思われた人たちは、「死のブロック」とおバレルブロックに移され、ガス室に送られるのを待つだけにされました。

また「死の天使」と呼ばれたメンゲレ博士は、双子の子どもたちの人体実験を行いました。

このアウシュヴィッツで死亡した人たちの人数は110万人と言われています。

また、アウシュヴィッツに収容されていた人数は、1944年8月21日の記録では10万4878人とされています。

 

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 4

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 4

2016年06月22日

第4ガス室

 

第5ガス室

 

骨を捨てた池

 

サウナと呼ばれた建物

 

シャワー室

 

第3,第4ガス室は、地上階に造られました。

ビルケナウ強制収容所での死体焼却能力は合計約4千体でした。

燃料はコークスを使いましたが、節約するために、脂肪の多い女性と男性を一緒に焼却炉に入れるような工夫もされました。

残渣物の骨は砕かれ、焼却場付近の池や川に捨てたり、肥料に利用されました。

生きることを許された人たちは、「サウナ」と呼ばれる建物で体中の毛髪を剃られ、シャワーを浴びました。

 

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 3

アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所 3

2016年06月22日

第3(2)ガス室の模型

 

第3ガス室跡の脱衣場入り口

 

第2ガス室跡

 

第2ガス室跡

 

ゾンダーコマンドが秘密に撮った野焼きの写真

 

ビルケナウにはガス室が4ヶ所あり、第2,第3ガス室は脱衣場とガス室が地下、死体焼却場は地上に造られました。

「シャワーを浴びる」と聞かされた人たちは、脱衣場では、「後で見分けがつくように靴を紐で結ぶように」指示されました。

ガスで殺戮された死体は、「ゾンダーコマンド(特別作業班)」と呼ばれ、他の収容者よりも食料配布などがよりよいものを与えられました。

それでも、ザンダーコマンドの人たちも、いずれはガス室に運ばれる運命にあったのです。

1944年5月からハンガリーからのユダヤ人輸送が始まり、焼却場では処理しきれないために、野焼きが行われました。

 

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>
ページの先頭へ

表示:スマートフォンPC