1. ホーム
  2. 日本人ドライバーのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

日本人ドライバーガイドのブログ

アルンシュタット

アルンシュタット

2014年12月18日

バッハが1703年から7年までオルガニスト務めたという表示板

 

バッハ教会

 

バッハの記念像

 

旧東ドイツのテューリンゲン地方のある会社のドイツ語通訳のために二週間ほど滞在した合間を縫って、バッハが初めてオルガニストとして活動を始めたアルンシュタットにやって来ました。

生憎の日曜日の朝は、どこも開いておらず、しかも、バッハの教会は礼拝中、ということで中にも入れず、結局は写真を2,3枚撮っただけで町を後にしました。

ドイツのガイドをしている身としては不勉強この上ないのですが、お許しを・・・・。

詳しい下見はこの次の機会に、ということで。


 

ワーテルロー古戦場

ワーテルロー古戦場

2014年12月15日

ライオンの丘と博物館

 

ライオンの丘からの戦場の眺め

 

ナポレオン軍(上)と連合軍配置図

 

博物館のパノラマ

 

ラ・ベル・アリアンスの建物

 

ベルギーの首都ブリュッセルから南に20キロほど行くと、ワーテルローの古戦場跡に到着します。

ここは、1813年に失脚してエルバ島に流されたナポレオンが、島から脱出してフランス軍を再編成し,リヴェンジを図った1815年6月18日の最後の戦場となった場所です。

7万2千のナポレオン軍と、イギリスのウェリントン将軍の率いるイギリス、ベルギー、オランダの6万8千人、合計14万人の軍隊が、その運命を賭けて対戦するのですが、前日の大雨で泥濘のために大砲が動かせず、ナポレオンは攻撃開始を2時間半遅らせました。

結局は、この2時間半が仇となり、救援に駆けつけた老将軍ブリューヒャー率いるプロイセン軍によってナポレオン軍は総崩れとなります。

正に、「勝敗は時の運」と言うわけです。

この古戦場には、その後、ライオンの丘が築かれ、この古戦場を一望できるようになっていると同時に、その下には博物館が建設されました。

この丘からは、戦場の舞台となったヒューゴモン、ラ・アイエ・サンテの農家、ウェリントンとブリューヒャーが勝利の握手を交わしたラ・ベル・アリアンスなどが眺められます。

「夏草や、兵どもが夢の跡」。

変哲もない、ただの大きな農場なのですが、個人的に好きな場所なので、個人旅行の私のお客様に対して、なるべくドラマチックに説明しながら、この戦場をご案内することにしています。


 

<< 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 >>
ページの先頭へ

表示:スマートフォンPC